FANDOM


T-ドッグは本作に登場する主要キャラクター。本名はセオドア・ダグラスで、「T(ティー)」とも呼ばれる。

顔はいかめしいが、気のいい大男で、仲間の為に率先して戦う。

人物像 編集

T-ドッグは物静かな男でめったに喋らないが、有事の際には口を開くタイプである。時折不安になる他、仲間に何か悪いことが起きると罪の意識を感じる傾向がある。

不器用ではあるものの仲間を脅威や危険からできるだけ守ろうとする意思を持っている。

グループのメンバーとは良好な関係を築いているが、メルルだけは例外と言える。

信仰心が強く、キャロルを助ける際に「自分の死は神の計画の内」と伝えたことや、老人達を守るため教会に送り届けていたというグレンの話からその信心が伺える。

腕力があるので鈍器でウォーカーの頭を叩き潰すことが出来る。

バックグラウンド 編集

感染拡大前のT-ドッグについては詳細が明らかになっていない。グレンの話によると、グレンを助ける前はトラックで老人達を教会から避難所へと移送していたという。

シーズン1 編集

生き残るための方法 編集

T-ドッグはグレンアンドレアジャッキーメルルモラレスと共に、アトランタで物資を集めているキャンプのメンバーとして登場する。

銃を乱射するメルルを注意したことで口論になり、メルルから蔑称である「ニガー」と呼ばれたことで激昂しメルルに殴りかかる。

メルルがT-ドッグに銃口を向けたところでリックが止め、メルルは手錠で手首をパイプに繋がれてしまう。

他のメンバーがビルからの脱出方法を探っている間はメルルの監視役を務め、手錠を外すために弓のこを取ってくれと頼まれるもそれを拒否する。

脱出決行の際にはメルルの手錠の鍵を誤って排水溝に落としてしまい、やむを得ず屋上を施錠してメルルを屋上に置き去りにしてしまう。

その後T-ドッグはグレンとリックが調達したトラックに同乗して他のメンバーと共に脱出に成功した。

命を掛ける価値 編集

メルルの弟であるダリルがメルルを置き去りにされたことに激怒して暴れるが、T-ドッグは屋上のドアを施錠したからメルルが生きている可能性は高いと伝える。

T-ドッグはリック・ダリル・グレンと共にアトランタへ引き返し、銃の入ったバッグとメルルの回収に向かう。

デパートの屋上に着くとメルルの姿はなく、代わりに切断された手が残されていた。

弱肉強食 編集

メルルの切断された手を見つけ、ダリルは怒りでT-ドッグの頭にクロスボウを向ける。リックはそれを制止し、血の跡を追ってキッチンにたどり着く。そこでメルルは傷口を焼いた後ビルを出たと思われた為、リック達はメルルを探そうとするが、T-ドッグは銃の入ったバッグを探すほうが先だと主張する。

T-ドッグとリックは路地でグレンの帰りを待っていたが、ミゲルの悲鳴を聞いて飛び出し、グレンが誘拐されたのを目撃する。

その後、T-ドッグはグレン奪還のためにリックがギレルモと対峙する際、建物の上でライフルを構えて待機している。

2度目のギレルモとの接触の際にはT-ドッグはリックと共にギレルモのアジトの中へ入り、そこが本当に見捨てられた老人達の施設であること、ギレルモ一味はその老人達を守ろうとしていただけだと理解する。

リックは銃と弾丸の半分をギレルモに渡して施設を離れた。

T-ドッグと仲間はアトランタを離れキャンプに戻るが、ちょうどその時キャンプはウォーカーの襲撃を受けているところだった。

救いを求めて 編集

キャンプがウォーカーの襲撃に遭った後、T-ドッグは亡くなったキャンプのメンバーの遺体を転化しないよう処理した。その後キャンプのメンバーの生き残り達と共にCDCへ向かって出発した。

残された希望 編集

CDCにたどり着いたキャンプの生き残り達とT-ドッグは、血液検査を受けた後ジェンナー博士にCDCに迎え入れられ、そこで提供された温水のシャワーやちゃんとしたベッドに喜び、皆で夕食とワインを楽しんだ。

T-ドッグは朝食に粉末卵を使い、特に二日酔いに苦しむグレンのために料理を作った。

一同はジェンナー博士の研究やT-19について、またCDCのインフラの低下について知らされる。

地下の発電機をチェックしに行く際にもリック、シェーン、グレンと共に同行している。

T-ドッグはジェンナー博士がカウントダウンタイマーの目的を告げた時にもその場に同席しており、その後CDCから脱出する際にはジャッキーを逃がそうとするものの、ジャッキーはCDCに残ることを決意してしまう。

彼はドアのロックを解除しようとするも機能しておらず、リックが手榴弾で壊した窓から仲間と共に脱出。CDCの爆発の後、T-ドッグはジープを運転してCDCを後にした。

シーズン2 編集

長い旅路の始まり 編集

T-ドッグはシーズン1での仲間達と共に行動している。

道を進むうち、乗り捨てられた車で塞がれた場所にたどり着いた彼らは、迂回する前に物資の調達を始め、T-ドッグはダリルのいるグループに入って行動する。

ウォーカーの群れが近づき、リックが「車の下に隠れろ」と知らせるが、T-ドッグはリックの言葉を聞き逃し、ウォーカーから隠れようとして壊れた車のボディで腕に裂傷を負って大量に出血してしまう。

近づいてきたウォーカーから身を守ることができないT-ドッグだったが、ダリルがウォーカーの死骸を被せてその危機を救う。

命の代償 編集

T-ドッグとデールソフィアの捜索の際にその場で待機するよう指示される。薬を探したものの見つからず、その際に見つけたタバコを吸っている。

T-ドッグには敗血症の症状が見られ、熱のせいか「自分は唯一の黒人だから立場が弱い」という被害妄想を口にする。

デールはT-ドッグのために抗生剤を探すも見つからず、ダリルが戻ってきてようやくメルルが隠し持っていた薬を入手することができた。

最後の銃弾 編集

T-ドッグはグレンと共にハーシェルの農場に到着し、そこでパトリシアから傷の手当を受けた。

涙に咲く花 編集

T-ドッグはオーティスの葬儀には参加していない。おそらく傷の回復の為に休んでいたものと思われる。

その後、T-ドッグは井戸から水を汲み上げる際にデールの手伝いをしており、その時に「うなされていた時に言ったことは皆には黙っておいてくれ」と頼む。T-ドッグは汚染された井戸の水を危うく飲むところだったが、デールが寸前で制止した。

井戸の中のウォーカーが引きずり出された後、T-ドッグは斧でウォーカーの頭部を破壊し、「弾を無駄にせずに済んだ」と皮肉を言った。

無限の生命力 編集

T-ドッグはソフィアを探すメンバーに加わる。

T-ドッグは「ソフィアを探すなら丘に上がった方が見晴らしがいい」と提案したダリルに対し、「チュパカブラが見つかるかも」と口を挟み、デールはダリルがチュパカブラを見たという話を始める。

捜索後、傷ついたダリルが一人でウォーカーのような姿で農場に戻ってきた時、T-ドッグは他のメンバー同様ダリルをウォーカーだと勘違いし、バットを持って準備していた。その後、撃たれたダリルが持っていたソフィアの人形を見つけ、仲間に知らせた。

エピソードの最後ではT-ドッグは他のメンバーと共に静かに夕食を食べている。

明かされる秘密 編集

T-ドッグは納屋の秘密を知ったグレンの異変に気づいて声をかけた他、ジミーの射撃練習に付き添い、ジミーに「チンピラみたいな撃ち方だ」と注意している。

死の定義 編集

T-ドッグはハーシェル・リック・ジミーがウォーカーを捕らえて農場へ移動させているのに最初に気づく。

彼はシェーンの扇動でアンドレア・ダリル・グレンと共に銃を手に取っている。

希望という幻想 編集

葬儀の後、T-ドッグはアンドレアと共にオーティスのトラックにウォーカーの死骸を積み込んでおり、「シェーンは成すべきことをした」と話す。

エピソードの最後では、T-ドッグは納屋にいたウォーカーの死骸をシェーン・アンドレアと共に焼いている。

繰り返されるウソ 編集

T-ドッグはシェーンがローリの妊娠を暴露した時と、ランダルをどうするかについて決める時にその場に同席している。

生かすか殺すか 編集

ランダルの処分についての話し合いの際、T-ドッグは処刑賛成派側としてランダルの遺体をどうするかについて話そうとするが、デールに止められ話を戻される。

また、その日の夜中には叫び声を聞いて散弾銃を持って駆けつけ、ウォーカーに腹を割かれたデールをダリルが楽にしてやる場面を目撃する。

深い森の中で 編集

デールの葬儀の間に流れるシーンでは、シェーン・ダリル・アンドレアと共にT-ドッグがウォーカーの群れを倒しているところが映っている。

T-ドッグはローリが運ぼうとしていた箱を「無理するな」と引き受ける。

リックとダリルが準備をしている間、T-ドッグはランダルを連れ出しに行くが、納屋には誰もおらずランダルが消えているのに気づく。

壊れゆく人格 編集

対処しきれない程のウォーカーの大群が農場に押し寄せ、リック達は農場を離れざるを得なくなった。

T-ドッグはアンドレアと共にトラックに乗り、農場内を走り回ってウォーカーを倒していった。

アンドレアはローリ・ベス・パトリシアを助けるためにトラックから飛び出すが、パトリシアはウォーカーに咬まれ、アンドレアはウォーカーに囲まれてしまい、T-ドッグはやむなくトラックを発進させる。

農場から脱出した後、T-ドッグはこのエリアを逃れて海岸に向かうべきだと提案するが、カールを探したいローリに強硬に頼まれ、仕方なく皆が散り散りになった高速道路へ戻ることを承諾する。

メンバーが再会した後もT-ドッグは海岸へ向かうのがベストだと発言したものの、夜は監視役に徹した。

シーズン3 編集

厳しい冬を越えて 編集

リックたち一行は放棄された家に行き着き、リック・カール・ダリルとT-ドッグが中のウォーカーを始末していった。

刑務所にたどり着いた際には、リックが刑務所のグラウンドに入り正門の鍵を閉めるまで、T-ドッグはウォーカー達を蹴散らしてサポートした。

翌日、T-ドッグはリック・ダリル・マギー・グレンのサポートとして内部に残っているウォーカーを一掃し、その翌日には刑務所内で眠った後にリック・ダリル・グレン・マギー・ハーシェルと共に準備を整え、刑務所内部の探索に出る。

内部にはウォーカーが待ち構えており、ハーシェルがウォーカーに右ふくらはぎを咬まれてしまった。T-ドッグはハーシェルを食堂に運ぶのを手伝い、リックがハーシェルの脚を切断する場面に同席する。

縄張り争い 編集

T-ドッグはハーシェルが咬まれたのを見て銃を手にしたトーマス達のグループに対して銃を構えて牽制している。

彼はC棟にハーシェルを運ぶ際、ウォーカーを倒して道を開ける役目を果たした。リックが房にハーシェルを運び込んだ後トーマスとその一味が現れて房に入れろと要求すると、ダリルと共にトーマス達と対峙し、銃を構えてのにらみ合いになる。

その後T-ドッグは他の棟のウォーカーを一掃するのを手伝い、リックがトーマスを始末した後はアクセルに銃口を向けている。

アクセルとオスカーに別の房を与えた際には、T-ドッグは二人に「遺体は外で焼け」とアドバイスしている。

命の決断 編集

T-ドッグはアクセルとオスカーに同情し、「彼らを仲間に加えれば役に立つ」と他のメンバーを説得しようとするが、リックの意思は説得では変えられず、納得のいかない姿勢を見せた。

キャロルを手伝って車を刑務所の中庭に移動している間、ウォーカーが侵入し始める。T-ドッグは開いたゲートからウォーカーがなだれ込んでいることに気づき、ウォーカーをかいくぐりゲートを閉じたが、その間に肩を咬まれてしまう。

その後キャロルと共に刑務所内に逃げ込むも、T-ドッグが自分はもう長くはないと悟り、残された時間をキャロルをC棟へ無事に戻すことに使おうと決意する。

休んだ方がいいというキャロルの言葉を無視し、T-ドッグはキャロルと共に洗濯室へたどり着くが、そこは二体のウォーカーによって行く手を塞がれていた。キャロルは戻って違う道を探すべきだと言ったが、T-ドッグは身を挺してウォーカー二体に向かっていき、キャロルに逃げろと叫ぶ。

キャロルは洗濯室に逃げ込もうとするが、振り返るともうT-ドッグはウォーカー達に食い裂かれているところだった。「俺はもう駄目だ、逃げろ」という言葉が彼の最後の言葉になった。

後になってリック・グレン・ダリル・アクセル・オスカーはT-ドッグの遺体が二体のウォーカーに食われているところを発見する。遺体はすでに大半が食われてしまっており転化することはないと思われた。

登場人物
グライムズ一家 リックローリカールジュディス
キング郡保安局 シェーンランバートレオン
ジョーンズ一家 モーガンジェニーデュエイン
アトランタの生存者 グレンアンドレアT-ドッグモラレスジャッキーメルル
デールダリルキャロルソフィアエドエイミージム
ミランダルイスイライザ
アトランタの老人ホーム ギレルモフェリペミゲルジョージアブエラジルベルト
ジェンナー夫妻 エドウィンキャンディス
グリーン農場 ハーシェルマギーベスオーティスパトリシアジミー
アネットジョセフィンショーンアーノルドレイシーダンカン
フィラデルフィア生存者グループ デイヴランダルネイトショーントニー
ミショーンのグループ ミショーンアンドレマイクテリー
刑務所の囚人達 アンドリューアクセルオスカートーマスビッグ・タイニー
ウッドベリー 総督マルチネスシュンパートミルトンカレンヘイリー
スティーブンス女医ローワンペニーリチャードガルジュリオ
ジャネットマクラウド夫人ジェイコブソンオーウェンエリン
グレッグエリックフォスター夫人アイリーンノアポール
ジョディグロリアウォーレンクローリーティム
州兵 ウェルズ中尉ウィルソンブレイディショーンフランクリン
刑務所の新メンバー タイリースサシャアレンベンドナザックパトリック
ケイレブライアンリジーミカフリオボブベッキールーク
モリーヘンリーノリスデイビッドチャーリークロエリチャーズ
チャンブラー一家 タラリリーメーガンデイビッド
マルチネスのグループ ピートミッチアリシアロス
フォード一家 エイブラハムエレンA.J.ベッカ
刑務所脱出後の新メンバー ゲイブリエルロジータユージーン
クレイマーズ ジョーダンビリーハーレートニーレンルー
終着駅 メアリーギャレスアレックスマーティングレッグテレサ
アルバートマイク
グレイディ記念病院 ドーンスティーブンノアラムソンシェパードゴーマン
ジョーンリカーリフランコマギンリーベロタナカ
アルバラードオドネルジェフリーズギャビンパーシーハンソン
アレクサンドリア共同体 ディアナエイデンスペンサーレジアーロンエリックピート
ジェシーロンサムイーニッドトビンニコラスヒース
デニーススコットマイキーオリビアフランシーンブルース
カーターボブナタリーバーバラエリンケントシェリー
トミーステイシーアンナデイビッドベッツィーマイケル
ウィルアニースタージェスバーンズホリーリチャーズ
ウルブス オーウェンエドワードエイフィッド
ヒルトップ ジーザスバーティハーランフレディカルエドゥアルド
グレゴリークリスタルアンディウェズリークレイグイーサン
救世主 ニーガンドワイトシェリーティナウェイドキャムバド
ティーゲイブサイモンローマンマイルズジローニール
プリモポーラモリーシェルドニー
その他の生存者 メキシコ人の一家サムアナクリストファークリストファーの父クラライーストマン
動物 ネリーフレイムバイオレットデュークタバサボタン
ウォーカー サマーハンナウェインキャラウェイダグルイーズエリン
ニックエディビッグ・トニービルジョーカーラデリー

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki