FANDOM


Vehicle jammed highway.jpg


ハイウェイ9号線の渋滞箇所は、シーズン 2開始時の最初の場所である。「長い旅路の始まり」で初めて登場し、ソフィアが行方不明になってから重要な役割を果たした。

バックグラウンド編集

州間高速道路85号線の一部であるこの片側2車線のハイウェイは、アトランタへの主要な出入り口であった。 ほとんどの車両はアトランタに出入りする際にこの道路を利用していたが、感染の拡大の知らせが人々の耳に入ると、市民は上り線・下り線の両側の車線を使ってアトランタから脱出しようとした。 人々が脱出を試みる中、軍はアトランタへの爆撃を開始し、ハイウェイは全交通網渋滞に陥り、全ての車両とその乗員が足止めされてしまった。ウォーカーが辺りに溢れ出すと、人々はこのハイウェイ上で死亡するか、そうでない者は持ち物を車に残し自分の足で脱出した。

シーズン 2編集

リック達はアトランタを出発し、このハイウェイを通ってフォート・ベニング基地を目指したが、ハイウェイは乗り捨てられた車で埋まっており、通り抜けることができなくなっていた。 更に運悪くデールのキャンピングカーがラジエーターホースの不具合で走行不能になり、一行はしばしこの渋滞箇所に留まることになった。

一行が車から物資を調達していると、ハイウェイにウォーカーの大群が向かってきた。リックは皆にウォーカーが通り過ぎるまで車の下に隠れるよう伝えるが、ソフィアは2体のウォーカーの注意を引いてしまい、ウォーカーに追われてハイウェイ脇の森へ逃げ込んだ。

リックはソフィアにウォーカーを倒す間隠れているように言うが、ウォーカーを倒し終わって戻るとソフィアの姿は消えていた。 一行はキャンピングカーの修理のためデールとT-ドッグを残してソフィアの捜索を始めた。 T-ドッグは再び現れたウォーカーの群れから隠れる際に腕に大きな裂傷を負ってしまい、デールは抗生物質を探して乗り捨てられた車の中を探し回った。

ソフィア捜索中のメンバーは森の中でマギーに出会い、ダリルキャロルアンドレアはハイウェイに戻った。日没が迫っており、ハイウェイにいるメンバーは次にどうすべきかを話し合った。ダリルは目印になるキャンピングカーをここに残し、ソフィアのために物資を置いて行こうと提案したが、デールはキャンピングカーと共にここに残ろうと言い、キャロルとアンドレアもそれに賛成した。デールはグレンにT-ドッグを農場まで連れて行くよう伝えた。

ダリルはキャロルのすすり泣く声で眠ることができず、夜間のソフィア捜索に出発しようとする。アンドレアも同行し、ソフィアを見つけることはできなかったが、無事にハイウェイのキャンピングカーへ戻った。

ソフィアが見つかる可能性やハイウェイに戻って来る可能性が次第に低くなってきており、一行はハイウェイからハーシェルの農場に移動することを決め、車にソフィアへのメッセージを書き残し食料と水を置いて出発した。

ハーシェルの農場がウォーカーに蹂躙されると、リックとカール・ハーシェルはハイウェイに戻って来た。他の生存者達もすぐに集まって来た為、一行は東へ向かうことにした。物資を調達すると彼らはハイウェイを出発した。

トリビア編集

  • メルルは「命の決断」において、このハイウェイをダロネガ・ハイウェイ/9号線と言及している。
  • 渋滞に使われている車は下に隠れるには車高が低すぎた為、実際の撮影の際にはアメリカで「サッカーマム・カー」と呼ばれるミニバンが使われた。
  • 渋滞箇所には100~150台の車が使用されている。
  • 実際の撮影場所はアトランタ・モーター・スピードウェイ付近のジョージア州ハンプトンのハイウェイ20号線である。
  • ハイウェイ9号線の渋滞箇所は、シーズン3とシーズン4のオープニングのクレジットタイトルにも登場する。
  • 2009年の映画「ゾンビランド」でも全く同じ場所で撮影された渋滞したハイウェイが登場する。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki