Fandom

ウォーキング・デッド Wiki

シーズン 3

216このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする


ウォーキング・デッドのシーズン3は本国アメリカで2012年10月14日に放送が開始され、2013年3月31日に終了した。 全16話であるが、第1話から第8話までのパート1、第9話から第16話のパート2に分かれており、パート1は2012年10月14日から同年12月2日まで放送され、その後2ヶ月程度のブランクを挟み、パート2が2013年2月12日から同年3月31日まで放送された。

同名の原作コミックの第12話から第38話までの要素を取り入れている。

あらすじ編集

厳しい冬を越えて編集

メンバーからの信頼を取り戻したリックはメンバーと共になんとか日々をしのいでいたが、狩りに出かけた際に刑務所を発見する。 フェンスに守られ物資も残されているであろう刑務所は完璧な住処だと判断し、一行は刑務所のグラウンドのウォーカー達を倒して安全を確保すると、グラウンドで夜を過ごし成功を祝った。 翌日には更に内部までウォーカーの掃討に成功し、安全な生活の場として独房棟であるC棟を手に入れた。 残された物資を求めてカフェテリアや医務室、武器庫を探しに出かけたリック達は多くのウォーカーと遭遇し、ハーシェルが咬まれてしまう。 リックはハーシェルの足を切断することを決意し、カフェテリアにハーシェルを運び込んだが、そこには5人の囚人達がいた。

一方、ミショーンと行動を共にするアンドレアは発熱しており、ミショーンに自分を置いていけと告げるがミショーンはそれを拒み、2人は再び森の中へ入っていった。

縄張り争い編集

ハーシェルの足を切断したリック達はハーシェルを急いでC棟に連れ帰った。 その後まもなく囚人達がリック達を追ってC棟に現れ、争いが起こりそうになったものの、リックは食料の半分と引き換えに別の棟のウォーカーを一掃する手伝いをし、そこを囚人達に明け渡すことを提案した。 囚人達と共にウォーカーの掃討に当たっていたリック達だったが、囚人の1人が死に、リーダー格の男はリックを2度も殺そうとした為、返り討ちに遭いリックに殺された。 1人はウォーカーのいる中庭に閉め出され、残った2人はD棟を与えられた。

暗黒の楽園編集

アンドレアとミショーンは遠方に見える煙の柱を調べに行き、そこで墜落したヘリコプターを発見した。 墜落現場には他の武装したグループが現れ、アンドレアとミショーンは生き延びてそのグループに所属したメルルウッドベリーという街へ連れて行かれた。 ウッドベリーのリーダーを務める総督と呼ばれる男は防壁を作り警備を置いて街の安全を守っており、立派な男のように思われた。 総督は墜落現場で唯一生き残った軍人の治療をし、軍人の仲間のキャンプの場所を聞き出すとそこへ向かい、善良なふりをして全員を射殺すると物資と軍備を奪った。 アンドレアは総督の残虐性を知らず、街の住民同様総督の嘘まみれの感動的な作り話に感心していたが、ミショーンは疑惑の目で総督を見ていた。

命の決断編集

生き残った囚人のアクセルオスカーが現れ「グループに加えてくれ」と嘆願したが、グループは2人を仲間には加えないという判断を下した。 リック達が森から戻ると以前閉めたはずのゲートからウォーカーが溢れ出し、メンバーは散り散りに逃げた。 リックは鳴り出した警報を止めるため発電機を探しに出発したが、警報を鳴らしゲートを開け放ったのはアンドリューであることが発覚し、乱闘の末オスカーがアンドリューを仕留めた。 T-ドッグはゲートを閉めることには成功したがウォーカーに咬まれ、自らを犠牲にしてキャロルを逃がした。 ローリは産気づきマギーに帝王切開で赤ん坊を取り出して欲しいとマギーに頼み、赤ん坊は無事生まれたがローリは失血死し、カールは母の頭を撃ち抜いた。 リックは他のメンバーと合流し、ローリが赤ん坊と引き換えに死んだことを知ると泣き崩れた。

ウッドベリーでは、街に残ろうとするアンドレアと出て行こうとするミショーンの間で意見が食い違う。

愛が狂った時編集

リックはショックと怒りで精神的に混乱し、ローリの遺体を捜しに斧を持って刑務所の奥へ入っていった。 ウォーカーをなぎ倒しながらボイラー室にたどり着いたリックはローリの遺体を喰い尽くしたと思われるウォーカーに遭遇し、怒りに任せてウォーカーを殺した。

ウッドベリーではパーティーが行われていたが、ミショーンは捕獲されたウォーカーを見つけてそれを全て殺し、アンドレアと別れて一人でウッドベリーを出て行った。 アンドレアはウォーカーを使ったメルルとマルチネスの格闘イベントを見て愕然とする。

届かぬ想い編集

リックは複数の謎の人物からかかってくる電話に翻弄される。 メルルは数人を連れてミショーンの捜索に出かけたが捕まえることができず、道中で遭遇したグレンマギーを攫い、総督には「ミショーンを殺した」と嘘の報告をした。 グレン達が連れ去られ様子を物陰から目撃していたミショーンはグレン達の物資を持って刑務所へ向かった。

隣り合わせの恐怖編集

ミショーンは刑務所の外でウォーカーと戦っていたが、メルルとの戦いでの出血により弱ってきており、リック達はミショーンを助けて刑務所に連れて入り、グレンとマギーがウッドベリーに連れて行かれたことを知らされる。 グレンはメルルから拷問を受けキャンプの場所を暴露させられそうになったが口を割らず、マギーを利用して脅されるとやむなく刑務所のことを明かした。 リック達はミショーンと共にウッドベリーへの潜入を試みる。

悲しい再会編集

グレンとマギーは総督の命令により処刑室へ連れて行かれそうになるが、そこへ潜入してきたリック達が現れ、2人を助け出した。 しかしウッドベリーから脱出する際にオスカーが殺され、ダリルは行方がわからなくなってしまう。 ミショーンは総督と対決するため総督のプライベートルームで待ち構えていたが、ペニーを倒そうとしたところに総督が現れ、ペニーを殺したミショーンと総督は乱闘になり、ミショーンは総督の目をガラスの破片で刺して脱出し、ダリルを待つリック達と合流した。 一方、カールはウォーカーから逃げ続けて刑務所へ入ってきたタイリース達を助けて自分達の棟に招き入れた。 ウッドベリーの闘技場には住民が集まっており、総督はメルルを裏切り者だと詰ると捕らえたダリルと対面させ、どちらかが死ぬまで戦えと命じた。

死闘の果て編集

メルルはダリルと戦い始めたが、自分の指示に従えば逃げられると密かに告げ、ダリルと戦うふりをした。 リックとマギーは闘技場を襲撃し、メルルとダリルを連れてグレン達と合流したが、グレンは自分とマギーを拷問したメルルを許せず、ミショーンもメルルに刀を構えた。 メルルが刑務所に同行できないとわかったダリルはメンバーの説得にも関わらずメルルと共に森の中へ去っていった。 ウッドベリーでは不安を訴え街から出て行こうとする住民達を総督の代わりにアンドレアが説得していた。 刑務所にリック達が戻ってくるとタイリース達は協力を申し出て刑務所に住ませてほしいと頼んだが、リックは死んだはずのローリの幻覚を見始めて悪態をつき、タイリース達は怯えて刑務所から出て行った。

宣戦布告編集

リックは幻覚のローリを追って刑務所の外へ出て行った。怒りの収まらないグレンはリックの精神状態がおかしい為、自分が指揮を執ると暴走する。 メルルとダリルはウォーカーに囲まれていた一家を助けるが、略奪を試みたメルルにダリルは激怒し、メルルを置いて刑務所へ戻ろうとする。 キャロルはアクセルと中庭で喋っていたが、突然アクセルの頭を銃弾が貫通し、ウッドベリーからの攻撃が始まった。 ウッドベリー側は大量のウォーカーをグラウンドに放って去っていった。

表と裏の狭間で編集

ウッドベリーからの攻撃に対し迎え撃つべきだと主張するリックとグレンだったが、ハーシェルは刑務所を捨てて逃げたほうがいいと提案する。 アンドレアは総督が刑務所を襲撃したと知り、停戦を持ちかけるため密かに刑務所に向かった。 森の中でタイリース達に出会ったアンドレアとミルトンはタイリース達をウッドベリーに迎えることを決め、ミルトンは彼らを連れてウッドベリーに戻り、アンドレアはペットウォーカーを連れて単身刑務所へたどり着いた。 刑務所に行ったアンドレアは戦いをやめるようリック達を説得しようとするが失敗に終わり、ウッドベリーへ戻る。

守るべき思い出編集

ウッドベリーとの戦いに備え、リック・カール・ミショーンはキング郡へ武器を探しに出かけた。 保安官事務所に着いたリック達はすでに武器が持ち去られていることを知り、街に武器がないか探しに行くことにした。 街にはウォーカーを防ぐためのトラップや障害物が多数設置されており、リック達は突然現れたライフルを手にしたマスクの男と交戦し気絶させたが、マスクを外してみると男はモーガンであった。 3人はモーガンを家に運び込んだが室内は武器と奇妙な落書きに溢れ異様な雰囲気であった。 ジュディスのためのベビーベッドを探しに行くというカールにミショーンも付き添い、カールはウォーカーに阻まれながらも近くのカフェに飾られていた一家の写真を手に入れ、その後ベビーベッドも持ち帰った。 目を覚ましたモーガンは正気を失っておりリックのことも誰かわからない状態だったが、息子や妻の結末を語り、しばらくするとリックのことも思い出した。 リックはモーガンを刑務所へ迎えようとしたがモーガンはそれを断り、リックはいくつかの武器を貰って刑務所へ戻った。

休戦協定編集

リックはダリル・ハーシェルと共にアンドレアがセッティングした総督との交渉の場に出向き、リックと総督は1対1で話し合いを始めた。 外で待機していたミルトンとハーシェル、ダリルとマルチネスはそれぞれ言葉を交わし、少しだけ歩み寄った。 一方刑務所では総督を暗殺しようとするメルルとそれを止めようとするグレンの間で小競り合いが起きていた。 総督は刑務所を攻撃する意志を変えず、リックは交渉を続けたが、総督は刑務所への攻撃をやめる代わりにミショーンを差し出せと提示し、2日の猶予を与える。 交渉が終了しウッドベリーに戻った総督は次回の交渉の際にミショーン以外を皆殺しにするよう部下達に命令した。 リックは皆にはミショーンを差し出せと言われたことを告げず、ハーシェルにだけ密かに相談した。

逃れられない呪縛編集

総督が密かに拷問室を作っていることを知ったミルトンは、アンドレアに総督が交渉を反故にしてミショーン以外の刑務所のメンバーを皆殺しにする気だと伝える。 総督を暗殺しようとしたが実行できなかったアンドレアは、刑務所のメンバーに総督の策略を伝えようとウッドベリーを抜け出す。 総督がウォーカーに刑務所を襲わせる計画だと知ったタイリースは総督への疑念を強める。 刑務所へ向かっていたアンドレアは総督に追跡され、なんとか振り切ったものの刑務所を目前に捕まってしまい、拷問室に入れられる。

この世の定め編集

総督にミショーンを引き渡すことに決めたリックはダリルとハーシェルに止められたが、引き渡し役にメルルを選ぶ。 その後リックは考えを変えてミショーンの引き渡しをやめることにしたが、メルルは既にミショーンを拘束して交渉場所へ出発しており、ダリルは単独でメルルを追う。 道中でのミショーンとの会話により、メルルはミショーンを渡さず総督を倒すことを決意し、ミショーンを道端に解放すると車で走り去った。 メルルは車にウォーカーを引きつけたまま交渉場所へ向かい、ウォーカーに気づいたウッドベリーの戦闘員達はウォーカーを倒し始め、メルルは小屋に潜み戦闘員達を狙撃していったが、戦闘員達に見つかってしまう。 総督はメルルを殺し、後を追ってきたダリルはメルルがウォーカーとなった姿を目にして泣き崩れた。

奇襲攻撃編集

総督はウォーカー捕獲場を焼き払ったミルトンを痛めつけ、拷問室のアンドレアを殺せと命じた。 ミルトンはそれを拒み総督に攻撃しようとした為、反撃に遭って腹を刺されアンドレアと共に閉じ込められたが、アンドレアを逃がそうと床に落としておいた工具を使って逃げろと伝える。 ウッドベリーは戦闘員を揃え刑務所の襲撃に出発したが、タイリースとサシャは襲撃に参加することを拒否し、ウッドベリーに残って護衛をすることにした。 総督が刑務所へ侵入するとリック達の姿はなく、ウォーカーの大群に襲われた上グレンとマギーから待ち伏せ攻撃を受け、撤退を余儀なくされる。 しかし総督は戻って戦えと戦闘員達に命じ、戦闘員達がそれを拒否すると激昂してカレン以外を皆殺しにし、どこかへ立ち去った。 総督を追跡してきたリック達はカレンを見つけて共にウッドベリーに向かい、拷問室でミルトンに咬まれたアンドレアを発見するとミショーンは彼女に付き添い自殺を見届けた。 リック達は総督が戻っていないことを知り、タイリースやサシャや残された住人達をバスで刑務所へ運び、新たなメンバーとして受け入れた。


エピソード一覧編集

# 邦題 原題 脚本 米国初回放送日 米国視聴者数
1. 厳しい冬を越えて Seed グレン・マザラ 2012年10月14日 1,090万人
2. 縄張り争い Sick ニコール・ビーティー 2012年10月21日 955万人
3. 暗黒の楽園 Walk With Me エヴァン・T・ライリー 2012年10月28日 1,051万人
4. 命の決断 Killer Within サン・ギュ・キム 2012年11月4日 927万人
5. 愛が狂った時 Say the Word アンジェラ・カン 2012年11月11日 1,037万人
6. 届かぬ想い Hounded スコット・ギンプル 2012年11月18日 921万人
7. 隣り合わせの恐怖 When the Dead Come Knocking フランク・レンツァリ 2012年11月25日 1,042万人
8. 悲しい再会 Made to Suffer ロバート・カークマン 2012年12月2日 1,050万人
9. 死闘の果て The Suicide King エヴァン・T・ライリー 2013年2月10日 1,226万人
10. 宣戦布告 Home ニコール・ビーティー 2013年2月17日 1,105万人
11. 表と裏の狭間で I Ain't a Judas アンジェラ・カン 2013年2月24日 1,101万人
12. 守るべき思い出 Clear スコット・ギンプル 2013年3月3日 1,130万人
13. 休戦協定 Arrow on the Doorpost ライアン・C・コールマン 2013年3月10日 1,146万人
14. 逃れられない呪縛 Prey エヴァン・T・ライリー
グレン・マザラ
2013年3月17日 1,084万人
15. この世の定め This Sorrowful Life スコット・ギンプル 2013年3月24日 1,099万人
16. 奇襲攻撃 Welcome to the Tombs グレン・マザラ 2013年3月31日 1,240万人

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki