FANDOM


エド・ペルティエ(Ed Peletier)は本作に登場するキャラクター。

感染拡大が始まった頃に妻のキャロル・娘のソフィアと共にアトランタへ避難し、その後アトランタ郊外のキャンプに合流した。


人物像編集

エドは暴力的で特に妻に対して口汚く、グループの他の女性達に対してもしばしば言葉の暴力を振るう男である。 エドは自分の支配力を思い知らせるためにキャロルに魅力的な服装をすることを許さなかった、とキャロルが語っており、このことからキャロルの髪の短さも他の男性から魅力的に見えないようにさせるためだと推測できる。

エドはソフィアの幼児期にほとんどソフィアを気にかけず、ソフィアの世話をキャロルに押し付け頻繁に友人の家に泊まっていたことが明かされている。 作中で詳細は語られていないものの、「長い旅路の始まり」ではエドがソフィアに性的虐待を加えていたことを匂わせるキャロルの発言がある。

協調性がなく、困難な状況に置かれていることにイライラしている様子を見せる。


バックグラウンド編集

エドは大学には行っておらず、若い頃にキャロルと出会い、後に結婚した。 娘が生まれるとソフィアと名づけたが、エドはソフィアにほとんど注意を払わず、親として果たすべき役割をキャロル1人に押し付けたばかりか、夜に頻繁に友人の家へ泊まりに行きソフィアの世話をキャロルに任せきりにした。

エドは結婚当初からずっとキャロルを支配しており、自分の権力を固持するためにキャロルには服も買わせず、肉体的虐待や言葉による虐待を加えていた。 それにも関わらず、エドはキャロルに結婚1周年のプレゼントとして時計を贈っている。

エドは1979年式の黄色いジープ・チェロキーを所有しており、キャンプへたどり着くのに一家はこの車を使った。 この車は後にグリーン農場近くの街に置き去りにされた。


シーズン 1編集

命を掛ける価値編集

グレンが盗難アラームを鳴らしながらキャンプに1人で戻って来た際、エドはシェーンデールジムがアラームを止めるのを見ていた。 新しい仲間であるリックが他の仲間と共にキャンプに戻って来た後のある夜、エドは体を温めるため焚き火に当たっていた。 シェーンはエドに火を消すよう言うが、エドがそれを拒んだ為シェーンはエドに近寄り圧力をかけ、エドはしぶしぶキャロルに火を消させた。

ダリルがキャンプに戻ってくるとリックとシェーンがメルルのことを伝えたが、エドはキャンピングカーの庇の下でその様子を見ていた。 リック・T-ドッグ・グレン・ダリルがアトランタへメルルを連れ戻しに出発すると、エドはキャンピングカーの上での見張りに就いた。

キャロル・アンドレアエイミージャッキーが共に採石場で洗濯をしていた際、4人の談笑の声がエドの注意を引いた。 エドは女性達の元へ行き、喋っていないで仕事をしろと命令した。 アンドレアとジャッキーはエドに立ち去るよう言うが、それに対しエドは敵意を露にし、キャロルを強引に連れて行こうとした。 アンドレアはキャロルに行かなくてもいいと言い、キャロルもエドと一緒に行くのを拒否するが、するとエドはキャロルの顔に平手打ちをくらわせた。 キャロルは出血し、駆けつけたシェーンがエドを捕まえ猛然と殴り始めた。 シェーンは「もし今後キャロルやソフィアや他の誰かに危害を加えたら、その時は死ぬまで殴る」と言いエドの元を去ったが、キャロルはむせび泣きながら怪我をしたエドに駆け寄った。


弱肉強食編集

エドはシェーンから殴られた怪我の回復のため、テントに残っていた。 他のメンバーがアンドレア達の釣った魚で夕食を楽しんでいる間、ソフィアはエドと同様テントにいたが、キャロルがソフィアを迎えに来た。 しかしエドはソフィアの腕を掴み、ここに残って父さんの相手をしろと命令した。 キャロルは自分の意思を貫き、ソフィアも夕食の席に参加したがっていると言い、エドを1人で残しソフィアを連れて戻った。

その後、眠っていたエドはテントの外の物音で目を覚ました。邪魔をするなと言いながらテントの入り口を開けると、すぐ目の前に迫っていたウォーカーに即座に襲われ、エドのテントの中にはウォーカー達が次々と入っていった。


救いを求めて編集

エドの遺体は無残にもあらゆる場所を喰われ、他の犠牲者たちの遺体と共に並べられていた。 ダリルが転化を防ぐためエドの遺体の頭を斧で刺そうとしていた時、キャロルがダリルを制止し「自分の夫だから自分でやる」と言い、斧を受け取った。 キャロルは何年も耐えてきた怒りを解き放つかのようにエドの遺体に何度も斧を振り下ろした。 その後、エドはエイミーや他の犠牲者達と共に山腹に埋葬された。


シーズン 2編集

無限の生命力編集

回想シーンでペルティエ一家ローリカール・シェーンはハイウェイで立ち往生しており、カールが空腹を訴えるとキャロルはエドが車に積み込んだ食料を持ってくると言った。 食料を取り出そうと車のドアを開けると、エドはそのドアを荒々しく閉め、1つたりとも他人には食料をやるなと言ってキャロルを叱責した。 キャロルはうなだれ、素直に「考えが足りなかった」とエドに謝った。

ダリルは危険を冒してソフィアの捜索に行き、ぼろぼろになって帰ってきたところをウォーカーと勘違いされアンドレアに撃たれてしまう。 夕食の時間になると、キャロルは横になっているダリルの元に食事を届け、ダリルはエドが人生でソフィアのためにしてきた以上のことをたった1日でしてくれた、と言い、額にキスをした。


トリビア編集

  • 弱肉強食」においてエドがソフィアに性的虐待を加えた過去があるとほのめかすような描写があるが、エドはその後すぐに死亡した為、この件についてはその後掘り下げられていない。また「長い旅路の始まり」ではソフィアが行方不明になった後に教会で祈っているキャロルが「エドの死は天罰だ」「エドは魂に何らかの病を患っているような目でソフィアを見ていた」と言っているシーンもある。


登場人物
グライムズ一家 リックローリカールジュディス
キング郡保安局 シェーンランバートレオン
ジョーンズ一家 モーガンジェニーデュエイン
アトランタの生存者 グレンアンドレアT-ドッグモラレスジャッキーメルルデールダリルキャロルソフィアエドエイミージム
ミランダルイスイライザ
アトランタの老人ホーム ギレルモフェリペミゲルジョージアブエラジルベルト
ジェンナー夫妻 エドウィンキャンディス
グリーン農場 ハーシェルマギーベスオーティスパトリシアジミーアネットジョセフィンショーンアーノルドレイシーダンカン
フィラデルフィア生存者グループ デイヴランダルネイトショーントニー
ミショーンのグループ ミショーンアンドレマイクテリー
刑務所の囚人達 アンドリューアクセルオスカートーマスビッグ・タイニー
ウッドベリー 総督マルチネスシュンパートミルトンカレンヘイリースティーブンス女医ローワンペニーリチャードガルジュリオジャネットマクラウド夫人ジェイコブソンオーウェンエリングレッグエリックフォスター夫人アイリーンノアポールジョディグロリアウォーレンクローリーティム
州兵 ウェルズ中尉ウィルソンブレイディショーンフランクリン
刑務所の新メンバー タイリースサシャアレンベンドナザックパトリックケイレブライアンリジーミカフリオボブベッキールークモリーヘンリーノリスデイビッドチャーリークロエリチャーズ
チャンブラー一家 タラリリーメーガンデイビッド
マルチネスのグループ ピートミッチアリシアロス
フォード一家 エイブラハムエレンA.J.ベッカ
刑務所脱出後の新メンバー ゲイブリエルロジータユージーン
クレイマーズ ジョーダンビリーハーレートニーレンルー
終着駅 メアリーギャレスアレックスマーティングレッグテレサアルバートマイク
グレイディ記念病院 ドーンスティーブンノアラムソンシェパードゴーマンジョーンリカーリフランコマギンリーベロタナカアルバラードオドネルジェフリーズギャビンパーシーハンソン
アレクサンドリア共同体 ディアナエイデンスペンサーレジアーロンエリックピートジェシーロンサムイーニッドトビンニコラスヒースデニーススコットマイキーオリビアフランシーンブルースカーターボブナタリーバーバラエリンケントシェリートミーステイシーアンナデイビッドベッツィーマイケルウィルアニースタージェスバーンズホリーリチャーズ
ウルブス オーウェンエドワードエイフィッド
ヒルトップ ジーザスバーティハーランフレディカルエドゥアルドグレゴリークリスタルアンディウェズリークレイグイーサン
救世主 ニーガンドワイトシェリーティナウェイドキャムバドティーゲイブサイモンローマンマイルズジローニールプリモポーラモリーシェルドニー
王国 エゼキエルリチャードジェリーベンジャミンシヴァダニエルダイアンジャレッドギャビンケビンヘンリーアルヴァーロ
オーシャンサイド ナタニアシンディベアトリスキャシーレイチェル
その他の生存者 メキシコ人の一家サムアナクリストファークリストファーの父クラライーストマン
動物 ネリーフレイムバイオレットデュークタバサボタン
ウォーカー サマーハンナウェインキャラウェイダグルイーズエリンニックエディビッグ・トニービルジョーカーラデリー